Blog

梅雨入りに将来を考えたりしてます(^^)


JR博多駅筑紫口より徒歩3分、地下鉄博多駅東6番出入口より徒歩1分の勉強カフェ博多プレースは梅雨にもめげずです(^^)

今年の梅雨入り宣言は雨雲が来ると同時に宣言された感じでしたが、やはり梅雨時はジメジメとした感じでどうも体調管理が難しくなります。近頃はあれやこれやと何かと忙しい感じで、気が付けば閉店そして帰宅という日々が続いています。昨晩はいつもの帰宅時間の電車を待っている時に急に体調に変化を感じて乗り込むのを断念。一本遅い電車に乗り込むことにしたのでした。このところ朝夕と昼間の温度差などが原因であろうと勝手に思っています。このところ知人が相次いで倒れたり入院したりしていますので、他人事ではないなと改めて思いました。より一層気をつけねばなりません。

近頃の博多プレースは、受付周りでの個別の相談や対話が多くなってます。なぜか時間帯や人が異なるのに、共通的なものがあるような気がします。それは将来についての不安です。今まさにいろいろな資格取得やスキルアップの学習をしている人たちですが、果たしてその先に自分の未来があるのだろうかという漠然とした不安のようなものです。 きしくも先月、経済産業省の若手プロジェクトが発信したレポートそのものだなと思いました。「不安な個人、立ちすくむ国家」と題したそのレポートは本当に今の日本の現状を浮き彫りにしているのではないかと思います。この記事は博多プレース受付前のアイパッドに表示していますが、真剣な眼差しで内容を確認する人もいます。

ざっくりいうと、人生50年の信長時代から、現在は80年、しかしこれからは人生100年時代になる。そうなるとひとつの仕事をできるだけでは生き延びていくのは大変。人生二毛作、三毛作が必須となってくると予想されています。ICT,AIの発達は目まぐるしいスピードですが、それらを使いこなすにもやはり新しい学びは必要です。学びが終わることはないと言っているようです。博多プレースを利用している人たちは少なからず今の自分を進化させるために利用していただいていますが、そんな皆さんですら漠然とした不安を持っているんですね。ただいえることは「これだけやってれば良い」ということはないだろうということ。進化する時代に生きるには時代に合った学びを忘れてはならないということだと思います。だからこそまずは、今目の前の取り組みに全力投球して自分を高めることが重要だよねということに話は落ち着いていきます。

今日の博多プレースセミナールームは外部の方々の勉強会でご使用でしたが、海外に目を向けた勉強会でした。個人レベルでも海外進出ができる時代。不安よりも可能性は沢山あるのではないでしょうか。不安をもつより希望をもって日々の勉強にも取り組んでいきたいと思う今日この頃です。

「不安な個人、立ちすくむ国家」 関心ある方はぜひ一読を(^^)

http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

集中して学習できる博多駅近くの自習室を探している方は、まずは体験利用から!

見学予約いただいた方は無料体験利用も可能です(^^)
◆個別見学予約のお申込みはこちらから


2017-06-11 | Posted in BlogComments Closed